35. 江都駿河町三井見世略図

35. A sketch of the Mitsui shop in Suruga in Edo

版画寸法:縦250 x 横380mm
越前生漉奉書使用
※本商品は江戸時代より変わらぬ技術・技法を継承し、伝統の多色摺り木版画を制作する「江戸木版画」というブランドとして、経済産業大臣指定伝統的工芸品、東京都伝統工芸品に指定されております。


三井見世は、三井高利によって延宝1年(1673) に開業した駿河町(現在の千代田区日本橋室町)の越後屋呉服店のことで、現金で掛値をしない商売を旨として大繁盛し、大店となった。浮世絵では、北斎に限らず駿河町を描いた絵に、必ずといっていいほどこの大店の様子が描かれている。
この図では、寺院の堂宇と見紛うばかりの大屋根を下から見あげるように捉え、有名な「現金 無掛直 呉服物品 組物 糸類」の看板も描き添えられている。
北斎は、低い位置から左右の屋根を大きく描き、その中心に雪景の富士を配して、三つの三角で画面を構成させているのである。
この三つの三角のうち、最も大きい右の屋根に三人の瓦職人を描いているが、瓦を投げる職人は、「本所立川」と同様なポーズをみせている。




【配送方法】
配送方法は下記よりお選び下さい。
・配送便区分B :1650円(税込)



【専用額のご案内】

専用額の商品ページ: http://shop.takahashi-kobo.com/?pid=124510733

こちらの商品の専用の額をご利用いただければ、
商品が到着したその日から、作品を美しく飾っていただけます。
また、額と版画(シート)を同時にご購入いただけますと、送料が無料になります。
(お買い上げ金額が税込22,000円以上の場合は送料無料です)
販売価格 14,300円(税込)

カテゴリーから探す

コンテンツ